トップ / 底地とはどういうものか

不動産査定に関する情報

底地とはどういうものか知る 

底地とは、土地の所有者が第三者に土地を貸して、地代の収入を得ている土地のことを言います。基本的に土地には所有者がおり、所有権を持つことになりますが、この土地を誰かに貸すことにより借りた人は借地権という権利を取得します。一方貸した土地所有者は土地の所有権はそのままで新たに地代をもらう権利を取得することになりますこの状態を底地と言いますが、簡単に言うと他人の建物のために貸している土地と言えます。この状態の土地は権利関係が複雑になる傾向が高いため注意が必要です。

© Copyright 不動産の査定利用の豆知識. All rights reserved.