トップ / 不動産の運用方法と利点

不動産査定に関する情報

不動産運用の利点について 

近年、正規雇用の正社員などの仕事が少なくなる一方で、非正規雇用等の求人が多くなってきています。また、仕事が無くても不動産などの資産がある人はそれらの家賃収入で生活をしている人も多くいます。例えば、自分名義の土地がある人はそこに単身者向けのアパートなどを建てて、入居者の家賃収入で生業をたてることができますし、それであれば仕事に就かなくても、定期的に安定した収入が見込めます。不動産運用というと、少し難しく感じる人もいるので、一度専門家へ相談をする事も大切です。自分の資産を上手に活用して、家賃収入につなげると良いです。

不動産の運用について 

土地や建物などの不動産といえば、高額な財産の代表格ですが、この財産の特徴は、なにも使っていなくても、固定資産税という維持費が毎年かかることです。活用をしなければ、毎年固定資産税の分、お金が持ち出しになってしまうので、少なくともその分は、不動産自身を運用することで収益をすることができれば安心です。そのために賃貸経営をするなら、多額の自己資金がなくても、借り入れで調達して、借入金がある間は家賃収入から返済し、返済が終わったら、残りを自分の収入にすることができます。その場合、空室が出て収入が100%でなくなったとしても、その間返済ができるような資金計画が大切です。

家具

© Copyright 不動産の査定利用の豆知識. All rights reserved.