トップ / 保持にお金がかかる不動産

不動産査定に関する情報

不動産にかかる税金について 

最近は遺産相続などで、不動産を手に入れる機会が増えています。土地や建物は高価なものなので、それにかかる税金も大きくなりやすいです。一般の土地などにかかる税は特殊なものでなければ、それほど大きな金額になることはありません。不動産にかかる税金は商業的なものや、非常に高価な物件に対してはかかります。しかし日常生活に関わるようなものに対しては、かなり安いか非課税になることが多いです。ですからそれほど気にしなくてもいいのですが、土地などを使った投資をする時は話が変わってきます。土地や建物を使った投資はビジネスなので、かなり高額な税負担になることがあります。

土地や建物を保有する際の税金 

土地や建物などの不動産といえば高価な財産の代表格ですが、それだけにさまざまなタイミングで税金がかけられています。購入する際には、契約書に貼る印紙税に、登記するための登録免許税と不動産取得税、売却する際には利益が出ていれば所得税と住民税が必要です。とはいえ、これらはいずれも、買った時や売った時、それぞれ一度ずつのことですが、このほかに所有している間は、毎年固定資産税が必要です。固定資産税は、毎年1月1日の所有者に課税されるため、買った年は自分ではなく前の所有者に、売った年は自分のもとに納税通知が届きますが、売買の時は、売主と買主で日割り清算をするのが一般的です。

家具

© Copyright 不動産の査定利用の豆知識. All rights reserved.